最新ワード事典 - ネット上などにあふれる、聞いたことの無い、初耳キーワードを解説していきます。

ドギーバッグ(Doggie Bag)とは


 ドギーバッグとは、レストランなどで、残った料理を持ち帰ることを言うそうです。
Doggieは、doggy。つまり「犬の」ということなので、犬のために持って帰るというのがもともとの語源。
ドギーバックじゃなくて、バッグです。^^

海外では当たり前のことで、テレビのインタビューでも、「残すなんてもったいない。」「持ってかえって食べるよ。」と言っていました。
アメリカの一人前って、ものすごく多いんですよね…。マクドナルドのコーラのLなんて言ったら、1リットルくらいあるんじゃないかなあ。
みんな食べきれるのかと思っていたら、やっぱり持って帰るんですね。^^

日本でも、オバタリアン(死語?)と言われてしまいますが、プラスチック容器を持って行って、持ち帰る人も居ますね。
ただ、生ものを扱うことも多い日本のレストランでは、食中毒の心配もあって、お店側が持ち帰りを禁止しているところも多いようです。

確かに日本では、持ち帰りをOKの店で、持ってかえってお腹を壊したら、そのお店の責任が問われてしまいそうですね。
アメリカでは、自己責任という意識が強いので、とくに問題にはなっていないそうです。

本当は、食べたらお腹を壊しそうかどうかなんて、賞味期限を見なくてもわかるんですよね。

賞味期限のせいで、まだまだ食べられるのに捨てられている食物がたくさんあると思います。

私の父は、ヨーグルトに消費期限は無いと言ってました。

ドギーバッグが日本でも徐々に浸透してきているようで、お持ち帰りの専用容器を用意しているレストランも出てきていえるようです。
マイ箸持参で割引してくれるお店などもあるので、容器持参で割引などのサービスを行えば、リピーター、常連客の確保にもなりそうですね。

こういう解りやすいキーワードがテレビなどで浸透すれば、私たちもはずかしがらずに、「ドギーバッグお願いします。」と言えそうですね。^^

↑折りたたんで持ち歩けて、洗って何度も使えます。
ちなみに、ドギーバッグという松尾雄一、松尾光次によるポップ・ロック・ユニットもあるそうです。韓国人のコジェグンとのユニット「Y2K」としても有名だそうです…。

ヒートテックとは

ユニクロ発・ヒートテックに、世界が驚きはじめています。のCMのコピーで、ヒートテックという言葉を知った方もいると思います。
数年前からユニクロが売り出した、暖かさに着目した洋服のシリーズのことですね。

ユニクロオンラインストア

汗などの水蒸気を熱に変換、発熱する繊維であったり、中空紡績糸という、空洞の糸を使って、保温効果を高めたりしています。
ドライテックという、速乾性の仕組みも組み合わせているものもありますね。
特にユニクロのヒートテックインナーは、安さもあって、評価が高く、冬にはタイツやスパッツをズボンの下に履いているサラリーマンも多いようです。
もちろん私も履いています。冬には手放せません。^^
ブラトップや、スパッツ、ハラマキなど、女性にうれしいものを安く提供してくれるユニクロは、やはり庶民の味方ですね。

以前は、アウトドアブランドでは、モンベルのジオラインシリーズ。スポーツメーカーでは、ミズノなどが、比較的安く暖かいインナーを出していますが、やはり手軽さで言うと、ユニクロでしょう。
ジオラインはほんとうに薄くて軽いので、私はお気に入りです。
特に手袋はユニクロではまだ無いようなので。

インナーだけではないので、アウトドア用途などにも人気がありますね。山登りでは、荷物の軽さが重要なので、ユニクロのヒートテックのセーターが軽いので、必ず荷物に入れていきます。

木枯らし一番も吹いたことですし、これからどんどんと寒くなると思います。
暖かい上着を買う前に、ヒートテックのインナーを試して見るのをおすすめします。

暖房の効いた部屋だと、暑くて汗が出ますよ。(;´Д`A “`

配管工のジョーとは

アメリカの大統領選で、一躍注目の人になった、配管工のジョー。いったい誰なのでしょう。
討論会でマケイン候補がとりあげたのが最初ですが、今はオバマ候補も配管工のジョーを白人男性の中間層、働く代表として例にたびたび出して、注目されています。
ジョーは実在の人物で、激戦と言われるオハイオ州のジョー・ワーゼルバッカー氏。
最近ではマケイン氏のイベントにも呼ばれ、タレント的な活動すらしているようです。

そもそもは、増税を計画しているオバマ候補にたいして、遊説のときにジョーが質問したのがきっかけです。
配管業の会社の買収を考えているとのこと。納める税金について質問したのです。

マケイン候補は、配管工のジョーをオバマ候補の増税策によって、起業をつぶされる被害者として印象付けたかったとみられます。

オバマ候補も、「配管工ジョーのような人に減税してあげるには…」と、負けじと取り上げています。

アメリカ経済がよろしくないのは円高を見ても一目瞭然。
テレビのドキュメンタリーで、大きな会社のコンピュータープログラマーが、今はマクドナルドで働いているというのを見たことがあります。

人件費の安いインドなどに発注した方が安く済むからですね。
私の友人にもプログラマーが何人か居るのですが、自分で起業するか、ちゃんとこれからのことを考えていかないと難しいだろうなと思います。
だって私が大きな会社の社長だったら、インドに発注するもの…。

ガヤ芸人とは

 ガヤ芸人という言葉を聴いたことがあるでしょうか。最近のお笑いブームで、若手芸人がたくさんでてきました。

お笑い番組もたくさんあります。
バラエティ番組では、いわゆるひな壇と呼ばれる、若手芸人を段々に配置しているのをよく見かけます。
ガヤ芸人という言葉は、私は品川庄司の品川が言ってるのを聞いたのが初めてな気がします。^^

雛壇芸人『ウィキペディア(Wikipedia)』

そして、品川が、ガヤ芸人の代表でしょうか。ひな壇芸人とも言うかもしれません。

ひな壇の後ろの方の大きな声を出して突っ込んだりする芸人を、ガヤ芸人と言うと思って間違いないでしょう。

わいわいガヤガヤのがやがやですね。

「がやがや」は、大辞泉によると、「大ぜいが勝手にうるさく話し合うさま。」
大辞林によると、「多くの人が騒がしく声をたてるさま。」ということです。

番組の進行上は、居ても居なくてもいいけど、まあ、にぎやかしということですね。

他には、番組を補佐することから、アシスト芸人とも呼ばれたりします。

雛壇芸人がメジャーになったのは、雨上がり決死隊の雨トークで、品川祐の『ひな壇芸人』の企画が放送されてからでしょう。

若手の定位置だったひな壇の奥が、技術のある中堅どころの定位置となってきています。
お笑いブームで、芸人が多すぎるため、なかなか若手も大変ですね。(;´Д`A “`

wikipediaには、主なひな壇芸人として、土田晃之、竹山隆範(カンニング)、モンキッキー、品川庄司(品川祐・庄司智春)、ビビる大木、次長課長(河本準一・井上聡)らが載ってました。

他には、アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣) や、スピードワゴン(井戸田潤、小沢一敬) 、ペナルティ(ヒデ、ワッキー) なんかも当てはまりそうですね。

若手芸人パーフェクトカタログ

↑この辺に載ってる芸人にも多そうです。

W63CA(EXILIM携帯)とは

W63CAは、EXILIMケータイ。カシオ計算機から発売のau by kddiの新機種です。
価格や発売日が気になりますが、ニュースリリースによると、11月上旬以降に順次発売となってますね。

公式ページ

W63CAが注目されているわけは、携帯としてのスペックよりも、カメラ機能ですね。EXILIMといえば、いわずも知れた、薄型コンパクトカメラです。
簡単に言うと、それが携帯に入っちゃってるわけです。ヽ(*’0′*)ツ

8.1Mカメラ。809万画素です。さらにすごいのが、便利な顔認識機能(顔検出オートフォーカス機能)ですね。
私も昔、オートフォーカスのカメラのついた携帯を使って今せいたが、今使ってるのよりもずっと綺麗でした。
しかも顔認識…。

809万画素のCMOSを搭載で、3,264×2,448ドットの写真が撮れるのですが、じゃあデジカメがもう必要ないのかっていうと、実は違うんです。
実はデジカメには少しうるさいので、ちょっと長くなるかもですが…。

携帯って、小さいので、CCDやCMOS(受光素子)を、あまり大きいのが使えない、というか、かなり小さいです。実は、写真の画質というか、綺麗さっていうのは、画素数じゃなくて、この受光素子のサイズによるんですね。
1000万画素のコンパクトデジカメより、600万画素の一眼デジカメの方が、綺麗だったりするのは、そのためです。
あと、CCDが小さいと、ピントを合わせた以外のところが、ボケにくいんです。モデルさんが移ってて、背景がぼんやりしてる。みたいな写真は、コンパクトデジカメでも難しいですし、携帯のカメラでは、ちょっと無理ですね。
でも、そういった用途で使うというより、メモ代わりに使ったりでしょうから、問題ではないでしょうけど。^^

私は携帯はずっとシャープ派なので、AQUOSケータイのW64SHが気になりますね…。

flumpoolとは

flumpoolとは、フランプールと読みます。(造語です。)

大阪で結成された、アミューズに所属の四人組のバンドグループです。

最近の音楽にはとてもうといので、恥ずかしながら知りませんでした…。(;´Д`A “`

音楽の素晴らしさはもちろん、配信限定シングルという、めずらしい形でのデビュー(花になれ(2008年10月1日配信開始))というのもあって、注目をあつめたようです。

LISMOのキャンペーンが、これまでで初めてメジャーデビュー前のアーティストを起用したっていうのもすごいですね…。

メンバーは、山村隆太、阪井一生、尼川元気、小倉誠司の四人で、1984、85年生まれで、みんな大阪府の出身。

↓公式サイト(音出ます&かっこいい)
http://www.flumpool.jp/

flumpool blog
http://blog.amuse.co.jp/flumpool/p/

公式サイトに行ったら、聞き覚えのある曲が!
TBSでやってるドラマ「ブラッディ・マンデイ」のテーマ曲(主題歌)ですね。

「Over the rain ~ひかりの橋~」という曲。こちらは11月5日から配信の予定みたいです。

歌詞もいいし、かなりドラマともマッチしてて、いいなと思ってました。ほんとに。^^

ブログも頻繁に更新してますね。最近は芸能人やアーティストの方も、ブログで情報を発信していくのが当たり前になってきましたね。

flumpoolは曲もいいし、顔もカッコイイし、CMとかドラマとかにも起用されてるしで、これからも要注目ですね。

Designed by: studentzFM | Theme made for free by: Casino , punkzFM and mygroovez